築16~17年になりますが、メンテナンスをされてこなかったということでコロニアルの屋根に苔が生えてきたので、屋根工事と同時に外壁の改修工事をされました。
外壁はライトヘーベル下地のタイル張りでしたがコーキングが切れ、サッシ周りの痛みもありましたので改修後クリア塗装(半艶仕上げ)仕上げにしました。

バルコニー防水工事

ウレタン防水塗装
ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が固まるとゴム状で弾性のある防水膜防水工事のことです。液状であることから、複雑な形状であっても継ぎ目のない防水膜を加工できます。

タイル修復工事

ALC下地の全面タイル張りの外壁の場合、タイルの目地等から水が入ると水が下地とタイルの間で滞留し、熱膨張によりタイルが剥がれる原因となります。

外壁コーキング

養生の様子

屋根塗装

外壁クリア塗装

屋根塗装・外壁塗装完了